自分用の日記。ツイで呟き切れないことをここに。

先程、地元で無事にご先祖様をお送りできたようです。(うちの地域は旧盆)
今年は台風も道連れにしちゃったけど(笑)、ご先祖様たち、また来年ね~。

そうそう。今年もお盆には帰省できなかったので、お中元だけでも送ろうとネット注文したんですよ。
そしたら『時期がずれてるので“残暑見舞”がいいんじゃないですか~?』とそのお店からわざわざ連絡があったのさ(笑)
親切に連絡してくれて有難いんだけど、『旧盆』の地域があることを知らないんだね。
「うちは旧盆で、お世話になった生きてる人じゃなくてお仏壇に中元を供える地域なので、“残暑見舞”は困るんですぅ;」と返信したら焦って詫びいれてきましたけど(笑)
そんなこんなな、今年のお盆でした。

************
d-3.jpg
何と、大阪来てから初めて買ったよ。
たまたま欲しい本があって、本屋に立ち寄ったら入り口近くに平積みされてあったので。
『お。久しぶりー☆たまには買ってみっか☆☆』
そしたら昨日出たばっかだったのね(爆)
何つータイミング。そして再びDを読める、この生活の余裕に感謝しとります(涙)

今回の‘D-黄金魔’は、『ライトノベル』という言葉の定義がぴったりな内容でした。
意外でしょ。
帯にもありますが、いきなり『神祖』『成功例』などの言葉が乱立。
‘D’のこめかみが『ぴくぴくっ』しっ放しという(笑)
五〇年前、神祖と話したことがあるという金貸し爺さんからその内容を教えてもらうかわりに借金取立てに同行するという…‘D’ファンからしたらのっけから『コミカル』臭ぷんぷんな訳です。
この爺さんが、悪どいというか下劣というか。でも‘D’の世界では「道化役」にされてしまうという。
そして、お決まりの美少女が出てきて、またまた精密機械のような女の心眼でしか認識できない微かな笑顔を放出する‘D’←25作もやってりゃ、私より笑ってると思うよ(笑)

とにかく、『金・金・金!!!』金といえば、センセイの脳裏は関西圏が浮かぶのか、出てきた「西部辺境地区」の方は見事に関西弁でした(笑)
何せ完結してないので→〔上〕とあるが〔下〕が出て完結するというつもりはセンセイにはないらしいし(笑)
あまり深い感想は出ませんが(をぃ)さっぱり読める‘D’もいいなぁ。
…いえ、血飛沫『どぴゅどぴゅ』なのは変わらないんスよ、一応…;

私は『昏い夜想曲』以降、ほとんど読んでいないので知らなかったんですが、
『貴族グレイランサー』って何…?;(広告頁参照)
『吸血鬼ハンターシリーズ姉妹篇』ってどういうこと…??;;;
『地球外生命体』と闘う貴族戦士って…???
‘D’銀魂版…みたいな?(違)
スポンサーサイト
2012.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aominawa.blog36.fc2.com/tb.php/527-91015577