青水泡*わたわたな別邸*

自分用の日記。ツイで呟き切れないことをここに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤタ━━━━━━。゚ヽ(゚´=Д=`)ノ゚。ウヒョ ━━━━━━!!!

もう今日はこれしか書きませんっ!!
興南高校、優勝そして春夏連覇おめでとうッッ!!!!
本当に、本当に嬉しいよぉぉぉぉ゚・(。>ω<)・゚・
「県民皆でとった優勝」っていうと他府県の方は『オーバーな…』と思うかもしれないけど。
本当にそれくらいの気持ちですよ。そうなんですよ。

おかげさまで甲子園で今回も観戦できました。続きに色々書き込んでいきます。
『甲子園ってこんな感じなんだぁ』って興味ある方のみ、どうぞ。
********
行ってきましたvv
今回のようなケース(地元が春夏連覇)は特別。一生の間にあるかないか、の機会だということはわかってましたから随分張り切ってしまいました。まぁそれだけ島袋くんが不世出のピッチャーだということで。

春と違って夏の甲子園は売り切れ必死ということでしたので
午前7時に甲子園駅に着くように家を出たのですが。
…甘かったです( ; ロ)゚ ゚↓↓↓
着いた時点で既に。
Σ(´□`;)売り場が見えん!!
梅田駅で『いちゃりばちょーでー』と書かれたTシャツを着てる兄ちゃんがいるから不安だったんですよ…。
千人単位ですかね。30分ほどたつとここから徒歩3分の位置にある甲子園駅にまで行列が延びていた;
午前8時に、開門を10時から8時半にするとアナウンス。
結局1時間半以上日陰もないとこで並んでました。(徹夜も100人ほどいたらしいです)
入場券を購入して球場に入れたのが午前9時。
入れたのはいいけど、試合開始までの4時間、どうするよ…と途方にくれる。

…11時まで寝る。(笑)

それから席を立って(ちなみに1塁ベンチ裏3階席)
ご飯食べて、アイス買って正午までダラダラと。隣の席のお母さんと娘に必死に1階席に連れて行こうとするお父さんの説得を聞き流しつつ(笑)
ちなみに夏の甲子園、1塁側内野席は午後から日陰になります。銀傘の下(内野席2・3階)なら1日中日陰です。おかげで私は助かりましたvvvそれからうちわと大き目のタオルは必需品です。日傘はさせません。(当然)席がエコノミークラスなので大きめの帽子もちょっと×。それと水分補給という点で、凍ったお水は売り子さんから買えますが、カッチンコチンなんで試合前に買って溶かしておかないとすぐは飲めませんよ。他はかちわり、スポーツドリンク、コーラ、アイスコーヒー、ビール、サワー、うちわ、タオル、クラッカー系のつまみなども売り子さんから買えます。
しかし、赤ちゃんと外野席で観戦できる親子がいたよ…すげぇや。

試合1時間前くらいには席につきたいですね。キャッチボールやノックも見れますし、応援合戦にもできれば参加したいですね。
多分放送されてないと思うけど、試合前に東海大相模の応援団が『フレーフレー!興南!』という応援もしてたんですよvvvそれに答えて興南の応援団が東海大相模にエールを贈るシーンも見られました。
応援に関しては、もちろん春同様盛り上がりました。ブラスバンドが音を出さずとも指笛だけで大盛り上がりになれるのはさすが、と思いましたよvvvしかし『ハイサイおじさん』の威力はハンパないですわ。
東海大相模の2人の「大城」くんに反応して(笑)、選手紹介の際は興南側からも拍手が多かったですね。

試合前 興南円陣
↑↑↑正午ごろ、試合前に興南の円陣。
試合自体はねぇ、春の方がドキドキした!!!(笑)
もうあの4回の7点が…嬉しいんですが、相手高の選手がガックリ肩を落としてるのも見えましたんでねー;
その時点で正直決まったな、とは思いました。

そうそう、昔あった『あとひとりっ!』コールは禁止されてるんですねー。知らなかった。考えればひどいよねー。でもそれだったら「八回二死」とかもどうかなぁって思うんだけど。

試合後、ウェーブが起こりましたが4回も回ってきました。さすがに閉会式を無視してるので興南応援席からも『もうやめようや;』という声も上がりました(笑)

深紅の優勝旗を我如古くんが受け取ったのをしっかり見届けて家路につきました。
あれがついに…くるのね、本当に嬉しいvvv
地元はどうも最近あまりよろしくないニュースばかりだったから、尚更ですよ。

本当にありがとう!おめでとう!興南のみなさん!!!素敵な財産にして下さいvvv
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 青水泡*わたわたな別邸* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。