自分用の日記。ツイで呟き切れないことをここに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
1300-1

今日って『13日の金曜日』じゃん…(こんなのばっかり気がつく)
台風一過(大阪は雨がちょこっと降ったくらいだけど)曇り空なのをいいことに、いってきましたよ。
三度目かな、奈良に行くのは。『平城遷都1300年祭』に行きました。
例によって日記代わりに書き込むので長いです。続きに書きますね。

******
JR奈良駅を降りるとすぐ「せんとくん」(着ぐるみが来てた)がいらっさる!←たまたまタイミングが合っただけでいつもいるわけではないようです。
写真撮ろうかなぁと思ったけど、「せんとくん」オンリーの撮影はしてなかったのでスルーしました。
(私は写真に写るの大嫌い)
無料のシャトルバス(座れませんでした)があるのでそれに乗って15分くらいしたら平城宮跡につきます。
1300-8
↑エントランス付近。
1300-5
↑着いたらすぐにこれを手に入れて下さい。「平城京歴史館」の入場整理券です。これがないと入れません。私は午前十時ジャストに着きましたが、すでにこの時間分しか手に入りませんでした。中で10分ほどのミニシアターがあって入場制限してるようです。というかこれくらいしかアトラクションがないから皆これを手に入れたがるのさ…。
*******
全体的な印象としては、
『全然未整備じゃんかよ…』
1300-3
あのねぇ、だだっ広いんですよ確かに。案内図では最長500mまでしか載ってないけど、朱雀門から大極殿まで2kmくらいあるの。そこにいくまで何かあるかってーと、ないの!
案内図には「●●門」とか「△△院」とか載ってるけどほぼ『跡』なの!!要はそこにあったよ、っていう説明文だけがある状態で建物が復元されてるとかっていうことではないの。何回『○○跡って書いとけやッ!!!』と思ったことか。まぁ、遺跡アトラクションなんてほぼそんなんばっかですけどね。
でも、ここは宣伝の割にはさぁ…考えたくないけどやっぱり不景気のせい、ですか…??
メインの建物は…っつーか復元されてるのは上記の朱雀門と大極殿の2つ。
私はもうひとつ『東院庭園』ってのがありましたけどね。↓
1300-6
でもここまで来る人はほとんどいなかったなぁ。季節が良かったらきっとお花がたくさん咲いて綺麗だろうになぁ…と思ってちょっとウハウハしました。でもこの建物「立ち入り禁止」だったけど。
案内表示もこんなんでさ。↓
1300-8
右側に→さしてるんだけど右側には道はおろか草むらしかないのよ。(『この道をまっすぐ』ということだったんだね。私がおかしいんか!?)
とにかく大極殿に行くまで(途中に踏み切りもある)で皆さん疲れてらっしゃって(笑)あまり寄り道はなさらないようです。
1300-4
↑大極殿の裏側。ここから中に入れる。建物の装飾とか色味とか色々感じたことがあるけど割愛。
1300-7
↑で、最後にちょっと休憩して11時50分くらいに平城京歴史館へ。
ん。見るものない(笑)説明パネルとアニメによるキッズシアターみたいなもん。
歴史館の中から遣唐使船の船上に上がれます。
これ実物大?こんな小さいので中国行ったの??凄すぎるわ…無謀すぎて。
船から降りると強制的にVRシアターに並ばされる。ここを通らないと出られないようです。ここで20分ほど待たされる。もう見なくていいから出してくれよ…と思ったけど間違っていた。
12分くらいの上映なんですが、最先端のCG技術で平城宮を再現してんだけど凄い映像ですよ。今日一番感動した!!!酔うくらい映像がリアル!!!!(え)当時の様子の再現と180度に広がる画面が、展望台から本当にその時代で見下ろしてる感じがした!!!隣の女性は爆睡だったけど!!!っつーか眠れるか!!
「阿倍 仲麻呂」が多分緑川さんで、
「粟田 真人」が間違いなく若本さんだった!!!!

(…やはりそこですか、あんたは…)   仕方ないじゃない!わかっちゃったモンはっ!(開き直り)
教育ビデオの中で今にも『ひれ伏せぃぃ、愚民ども…(蔑視)』と言い出すのではないかとハラハラしました…。

**********
ま、こんな感じで見学終了。またシャトルバスに乗って奈良駅に着いたのが午後1時過ぎ。
でも、奈良はいいとこだ。いつきてもそう思います。
時間が合えば華やかなパレードとか衛士隊の再現とか見れたのですが、一切見れませんでした。
熱中症対策で休憩所や洗面所、自販機は割かし大目でそこは良かったですね。
平城宮、だけだとこんなもんですけど奈良は元々文化遺産豊富だものね。そこともう少しセットで行けると充実してくるんじゃないかな。
以上、「せんとくんと恥ずかしくて写真撮れなかったよ」レポートでした(え)
1300-6
↑自分用おみや。山葵葉すしと茶粥用の番茶。
スポンサーサイト
2010.08.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://aominawa.blog36.fc2.com/tb.php/438-7a191cde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。