青水泡*わたわたな別邸*

自分用の日記。ツイで呟き切れないことをここに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山に行ってきました 1/2

独りでお店に入って食事することを何とも思わない年齢になり(自爆)
『泊まりがけでどっか行きたい』という思いを実現するため、今回愛媛県松山市に行ってきました。

…今まで松山に行きたいと思ったことがあったか、というと。
…実はなくて。(地元の方すんません)
……運賃安くて席が空いてたから松山にきめt(以下略)

結果言うと、「行ってとてもよかったです!」
載せる写真トリミングしてたら60枚超えたので(;゚Д゚)2回に分けます。
『続きを読む』からどうぞ。

□1日目
まずは起床時間を30分寝坊することから事件は起こります(最悪)
結局、予約してた飛行機には乗れませんでした。
この時から『四国の呪い』(どうでしょうさんおなじみ)がかかっていたような気がする。
だって初めてだよ…飛行機乗れなかったなんて…。
「水どう」の四国八十八ヶ所見てゲラゲラ笑ってたツケなんじゃねぇのかと…(洒落ならん)
m-001.jpg

 【教訓】Pe◯chの朝一便は遅刻に容赦しない。

今回の旅をこの時点であきらめようとも思いましたが、
家から既に出てる時点で大冒険wwが始まってしまったヒッキーは戻れません。
『この出不精が家を出てしまってるのにこのタイミングを逃したら…;;』
選択肢もそうはありません。季節はお盆。
バスで7時間以上座り続けるか。
席を取れる在来線を待つか。
…電車を選んで松山に向かいました。
途中、「岡山駅(何故愛媛に向かっているのに…)」で5時間も待ち時間が発生したため
岡山城と隣接の後楽園、そのまた向かいの岡山県立博物館へバスで向かうことにしました。
m-002.jpgm-003.jpg
m-004.jpgm-005.jpg
岡山城は綺麗でオシャレ城って感じ。ブラックなボディに金色の装飾でロックな感じwww
周辺も整備されてて、山上ではなく丘の上に造られた城なので天守閣まで辿り着きやすかったかな。

m-006.jpgm-007.jpg
m-008.jpgm-009.jpg
m-010.jpg
後楽園といえば球場、だったんだけど(それは東京ドームの前身)これは「大名のお庭」だわー。
広い!入ったらすぐ鯉の池!至る所に水路と小さな橋がかかってて、そりゃ優雅なとこでしたよ。

m-011.jpg
岡山県立博物館(撮影✕)でかの有名な「鼻毛老子」が見れて思わず吹き出しました。
刀剣女子が増えてるのか刀身の展示が多かったなぁ。普段から?

…ここまできてまだ2時間弱あまってる。
朝のドタバタ(まだ続いてるけど)で何も食べてないことに気づいて、「岡山 名物 おすすめ」で検索し、『デミかつ丼』とHitしたのでお店を探すことに。

m-015.jpgm-014.jpg
汗だくのボサボサ女wwwが入るのためらう「The 割烹」て見た目の「野村」さん。
入り口で「食券購入してくださーい」なフランクなお店だったので大丈夫でしたwww
初めて食べたんだけど、すっごい濃いの!ドミグラス!味噌だろっ!味噌カツやん!と思うんだけど匂いはトマト系なんですよー。ご飯の上に蒸しキャベツ、ヒレカツの上にドロっとしたドミグラスソース。珍しかったーwww

途中、携帯の電源が落ちそうだったので(そもそもこんな長旅は想定してない)ビックカメラに寄ってバッテリー購入し、岡山駅に戻りますよー。こんなアクシデントがなかったら一生来なかったかもしれない。でも岡山好きになった。町中でも落ち着いててちょっと郊外行くと自然いっぱいで上品な町並みで。いいとこ。さよなら、岡山(^_^)/~
m-012.jpg

さて岡山駅から特急しおかぜに乗っていよいよ松山駅向かいますよー。

m-016.jpg
床も座席も木目で落ち着く電車だった。私好きだな。

m-017.jpg
結局、空港に向かったときから13時間かかってたどり着きました。
飛行機乗ってりゃ3時間で着ける距離です。「陸の孤島」とはよく言ったもんだと痛感しました;
あ、駅で「2Dayチケット」を買いました。800円です。これで2日間市内電車乗り放題、坊っちゃん列車1往復(+100円を電車で払って下さい)できます。

またしても選んでないのにビジネスタイプの部屋になってしまった。ま、こだわってないので何でもいいんですが。
女ひとりなのでカーテンも開けないですし、景色なんかどうでもいいですしね。
この日の予定は全てキャンセルして、コンビニに水だけ買いに行ってシャワー浴びて、野球見ながら旅行計画を立て直しwww寝ました。

********

□2日目
m-018.jpg
朝はバイキングにしてたので、はりきって最上階レストランへ(ぷぷぷww)
イケメン日本語達者な外人ボーイに誘われ、めいっぱい食べてしもた…;
松山では「飯物」を食べると決めてたのでホテルではパン食にしました。
でも写真の通り、朝から雨。このお休み中、松山は降ったり晴れたりがせわしなかった;;

m-019.jpgm-020.jpg
まずは安藤忠雄さん建築の「坂の上の雲ミュージアム」(順路最後の人形と建物自体と建物からの景色以外の展示物は撮影✕)へ。この道をそのまま行くと「萬翠荘」にすぐ行けます。
私はドラマはちっとも見ない上、本も読まない人間なので…『坂の上の雲』、知りません(爆)だから正岡子規が真之とどういう時代を過ごしたか、子規と同じような青年たちが野望を持って東京へ向かう様子、そして三角形の建物の面白さなどを中心に見てました。ドラマを見てた人はキャストコメントなど楽しめるんじゃないかな。本木さん(モックン)が自分の写真にえらい達筆に書き連ねてたのでビックリしましたけどwww

m-021.jpgm-022.jpg
m-023.jpgm-024.jpg
m-025.jpgm-026.jpg
続いて旧松山藩主子孫、久松伯爵のルネサンス様式の別邸「萬翠荘」(撮影◯)へ。
∑オシャンティーーーーッ!そりゃそうだよ。天皇陛下が滞在されるような、晩餐会とかやっちゃうとこだもの。
暖炉いくつあんねん!てくらい、小さな部屋にそれぞれ可愛いのがついてるんだもの。
天井、シャンデリア、ステンドグラス、コンパクトな部屋の全部にこだわりがあって。ぎゅっと技術が凝縮されてる建物でしたね。
中では絵画の展示会もやってました。

m-027.jpgm-028.jpg
さて路面電車(市内)に乗って次は愛媛県美術館へ。
金持ちかっ!松山はお貴族様かっ!?とツッコミたくなるわー。県の美術館の前に橋が架かって噴水噴いてて…とにかく緑豊かな敷地にあります。

m-030.jpgm-029.jpg
何故か南館に入ってしまい、予定外の書道展を見る羽目に。(撮影◯)最近の書道展は水墨画?彫刻?もokなん?ていうくらい。私がよく見てた頃と比べると創作方法が増えてきたなぁと思います。単なる字の羅列じゃなくなってるのが発見でした。帰りに目録買ったくらいだしねwww

m-031.jpgm-032.jpg
やっと本命の本館に行くと書道展より人おらーん;1Fでは写真展をやってたんですが2Fの常設展の方へ。(撮影✕)
展示室1は西洋・東洋入り混じった絵画の展示、展示室2は子供向けの展示。これが面白かった。子供の見方って本当ユニークで自由。同じ絵画に大人と子供の感想が横に貼られてるけど読み比べると唸ってしまいます。

さて、これで午前中の予定が終わったのでホテルへ戻ります。掃除しといて下さい、の札をかけておいたので戻った頃には既に寝具類、タオル類他清掃が終わってました。感謝。朝食が全然消化されてないのでそのまま出かけます。
(2/2へ続く)
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 青水泡*わたわたな別邸* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。